JOYの雑多なブログ

30代の普通の男が好きなことをつらつらと。サッカー、観葉植物、資産運用、仕事、ミスチルなどなど

MENU
スポンサーリンク

私が資産運用をしている理由

スポンサーリンク

こんばんは、JOYです。

 

みなさん、資産運用ってされていますか?

やってるよ!っていう人は意外と少ないと思います。

 

私はやっています。

今は主に投資信託(ETFがメイン)と外国為替と少しの個別株で運用しています。

 

では、なぜ私は資産運用をやっているのでしょうか。

自分への確認の意味を込めて、書いてみたいと思います。

 

私が資産運用をしている目的

①老後の公的年金は無いものと思っている

 

日本はすでに人口減少社会に入っています。どんどん人口が減っていっています。

そしてご存知のように超高齢化社会になっています。

 

f:id:cityofjoy:20170820224646p:plain

【総務省HPより抜粋】

 

必然的に働き手となる若い人口も減っていき、国としての収入も減っていきます。

収入が減った人はどうするでしょうか。

 

当然、支出を減らしにかかります。私達も「今月使いすぎたから、来月ちょっと出費を抑えよう」ってなりますよね。

 

日本国の出費の最たるものは社会保障費です。

f:id:cityofjoy:20170820215533p:plain

【財務省HPより抜粋】

 

出費の大きい所から削るのが一番効果的です。

 

具体的には、公的年金の受給年齢の引き上げなどです。

 

現在(基本的に)65歳から受取り可能な年金が、私がおじいちゃんになるころには80歳とかになっていてもおかしくないと思っています。

 

でも私、80歳になって年金もらっても、そのお金を楽しく有効に使い切る自信ないですよ。

 

できたら、まだフレッシュな(?)60歳からもらって、元気に旅行したり、趣味の為に使いたいですよ(80歳でも元気でフレッシュな方が一定数いるのは分かっていますが)。

 

よって、公的年金に期待できない今こそ、しっかり資産運用をして自分年金を貯めようと思っています。

 

 

②将来的に物価が上がり(インフレ)、何もしないと自分の資産は減っていく

将来的に日本はインフレ(物の値段が上がっていくこと)に向かっていきます。

 

なぜ、それが言えるかと言うと、日本の中央銀行である日銀がそう宣言しているからです。

 

よくニュースで耳にするキーワードそれが、日銀の「物価上昇率2%目標」です。

日銀は物価を毎年2%ずつ安定的に上がっていく状態を目指しているのです。

 

なぜ物価上昇率が上がっていくと良いのかは、また別の機会に触れるとして、こういった大きな流れがあるのは事実です。

 

ではインフレが徐々に起こっていくと仮定した場合、私たちが持っているお金=預金はどうなるでしょうか。

 

物の値段がどんどん上がっていくのに、全く利息の付かない銀行の預金を持っていると、そのお金の価値はどんどん下がっていきます。

 

昨日まで預金の100円で買えていたハンバーガーが、明日には120円になっていて、100円では買えなくなる訳ですから。(端的に言うと)

 

よって、物価が2%ずつ上昇していくならば、それに負けないペースでお金を増やさないと、私達はただ生きているだけで、どんどん損をしていることになるのです

 

(ちなみにこの状態をインフレ負けしていると言います)

 

これって恐ろしいですよね。

ちなみに現在の普通預金の金利は大体0.001%です。ヒエッ!

 

だから私はインフレに負けないように、少しずつでも資産を運用し、お金を増やすようにしているのです。

 

 

まとめ

以上が、私が資産運用を行っている主な理由です。

 

当たり前のことを当たり前に書きましたが、その当たり前のことを知らない人たちも多くいると思っています。

 

そしてなにを隠そう、私も経済や運用に特別詳しい訳ではなく、いたって普通のサラリーマンです。

 

私もこれからさらに勉強して、経済や資産運用の知識を深めていこうと思っています。

このブログでは、私と同じような初心者の方にも分かりやすい情報を発信していきたいと考えています。

 

長文にお付き合いいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

 

ではでは!

 

 

 

よろしければ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク